理科と言った科目は、数学のように公式が多いわけでもなく、社会みたいに?多く暗記(覚えようとする文字や?字などを何もみないで、口に出したり、書いたりできることをいいます)物があるわけではない為、他の教科に比較したら集中的に勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)すれば、比較的短期間で実力がUPする科目といわれています。理科には、生物、運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)とカロリー、化学変化、地球と宇宙など、様々な単元があるのではないでしょうか。最初の段階ではどの単元(単元ごとに学習することでより理解しやすくなるでしょう)に於いても、基礎となる知識をきちんと身につけ、基礎が身についたところで細かい知識を暗記(覚えたいことを別のイメージや体の部位などに結びつけたりする方法もあります)するといいはずです。いきなりむつかしい問題を解こうと思ったとしても、基礎がしっかりしていなければ答えることは出来ないのですので、土台はしっかり作りてください。人によっては得意な単元(学習の際の内容のまとまりをいいます)や不得意な単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)があるとは思うのですが、試験ではどの単元(単元ごとに学習することでより理解しやすくなるでしょう)が出題されるかわかりません。答えられない単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)が無いように、不得意な単元があったとしても、最低でも基礎となる部分はしっかりおさえておいた方がいいかもしれません。また、理科ではグラフや図がひんぱんに出てくるのです。授業でも沢山実験や観察を行なってきて、よくグラフや図を書いたとは思いますが、試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)でもグラフや図を用いて解く問題が出ます。ですから、学んだ際は自分でグラフや図を書きながら、問題を解くように心掛けてください。そうしたら、勉強する時の印象が残りやすく、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)でも解きやすくなると思います。そして、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)とエネルギーなどの公式に当てはめて計算するような単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)では、公式などを理解し暗記(きちんと覚えているか時間をおいて反復することで、記憶として定着しやすくなるでしょう)した上で数たくさんある問題を解きましょう。問題を数多く解く事によって、しっかりと覚える事ができるでしょうー